株式会社設立代行,会社設立手続きなど大阪,兵庫,京都の起業・開業は会社設立・株式会社設立×大阪支援室へ!

Step18 登録免許税納付用台紙を作成する

Step17 登録免許税納付用台紙を作成する

株式会社の設立登記申請をするには法務局に登録免許税を納めなければなりません。この登録免許税は最低15万円が必要となります。税額は資本金の1000分の7となりますので、資本金が2143万円未満であれば登録免許税は15万円となります。(税額は100円未満の端数は切り捨てとなります。)

登録免許税の納め方は法務局によって異なり、収入印紙で納付する方法、(収入印紙は法務局や郵便局で販売しています。)或いは現金を金融機関で振り込み納付する方法の2種類があります。収入印紙で納付する場合は、A4のコピー用紙を登録免許税納付用台紙とし、台紙の真ん中に収入印紙を貼付します。(収入印紙に消印はしません。)現金で納付する場合は、A4のコピー用紙を登録免許税納付用台紙とし、台紙の真ん中に登録免許税を振り込んだ際に金融機関が発行した領収書を貼付します。次いで、登録免許税納付用台紙と領収書の間に契印(割印)を押します。

そして、既に作成済みの(1)株式会社設立登記申請書を一番上にして、上記のように作成した(2)登録免許税納付用台紙を(1)、(2)の順番で重ねて左端をホチキスで2カ所留めます。そして、ページの継ぎ目に契印(割印)を施します。

TEL 080-3823-4618 大阪市大正区南恩加島6-8-8
info@company-plus.net

PAGETOP
Copyright © 会社設立・株式会社設立×大阪支援室 All Rights Reserved.